FC2ブログ

グラオナの旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by グラオナ最高 on  | 

041 No.6 with Charisma

さて、みなさん!
画面を開いて驚かれた方が多いと思いますっ! 
なんだっ!管理人の奴ついに男にまで手えだしたのかっ!?なんて思われるかもしれません!

ご安心ください。
別にこの方でオナ記事を書こうって訳じゃありませんから。

今回はフェティッシュシリーズ第6弾。テーマは「声」フェチです。

以前の記事でも、私はこの「声」というものに特に魅力を感じると言いました。
ただ、私の場合、最も魅力を感じる方が、
女性ではなく「男性」であったということです。

カテゴリに並んだお嬢様の中のどなたかでも良かったんですが、
やはり突き詰めて考えていきますと、
どうしてもこのお方にブチ当たってしまうんです(苦笑)

ところでこの方、誰だかわかります?




私は別にモーホーではありません(苦笑)。男性でヌいたなんて経験はもちろんありません。
男性を見て反応してしまったなんてことはただの一度もありません。しかし若干、バイセク

シャルな気はあるのかもしれません。それがおそらくこのお方に由来すると思われます。

世代的なズレがあったりしてこの方を知らない人もいると思います。このお方は, 1980年
代を石巻きしたロックバンド元BOOWYのスーパーヴォーカリスト/ 氷室京介さんです。お
そらく私が生涯で最も尊敬するお方でしょう。ただ、この方を知ったのは確か,、80年代の
終わり、もう東京ドームでLAST GIGSを終えてしまってからです。私がこのバンドひいて
はこの方の音楽に熱狂していったのはその後のことです。

私は「声」というものに常に魅力を感じます。それは男性だろうと女性だろうと関係ないと
思います。私は彼の曲とその「声」に女性以上の魅力を感じるんです。おいおい!やっぱ怪
しい方向に話進んでいきそうだぞっ!なんて思われるかもしれません。それは確かにある意
味当たっているかもしれません。しかしそれは射精をしたいという欲求とは少し違います。
欲望そして快感というのは何も射精という1点に向かっているだけではないと思うんです。

私が言うこの快感とは「音」です。心地の良い「音」を聞くときに感ずる快感って奴です。
それも身体を突き抜けていくような、とてつもなく「速い音」です。

人間の骨ってパキポキ音を出すでしょう? 骨が鳴る仕組みっていうのは今だに解明されて
ないそうですが、あの音がどうして心地良く響くのか? それはですねェ、我々の身体の中
を駆け抜けていくような「音」だからだと思うんです。聞こえると同時に身体で感じる事が
できる「音」だからだと思うんです。我々人間にとって最も近くで聞こえる音、すなわち身
体に最も「速く」伝わる「音」であるからだと思うんです。我々人間は疾走感に酔いしれる
傾向があります。車で走っていてスピードを思わず出してしまうのも、リズムに乗った時の
疾走感が心地いいからです。その疾走感って奴が身体を突き抜けていくような何とも言えな
い心地よい感覚を、肌で味わう事ができるのがあの骨の鳴る音ではないかと私は思うんです。



音楽に、ライブに熱狂するっていうのはこれによ〜く似ていると思うんです。私もそうでし
た。それが耳をつんざくような爆音であろうと、それを一旦受け入れて身体を疾走していく
1つの「リズム」が体内で練り上げられた時、それは快感へと変わるんじゃないかと。たと
えそれが一時的なものであろうと、いえいえ、むしろ一時的であるからこそ、ゴールへと向
かうその集中力が極度に高まるのではないかと思います。
                 (ピリオドの向こう側へ、なんて言葉が流行りました)

もちろんそれは、誰にでもできる事ではありません。類いまれなるカリスマ性を持って人々
をアジテート(煽動)できる危険な魅力が必要なんです。ご存知でしょうか? 歴史上に存
在した独裁者と言われる偉人達はこのカリスマ性を有していたのはもちろん、人々を狂わせ
る魅力ある「声」の持ち主であったことを。

どんなに気の利いた言説で最もらしい演説を繰り返しても、その「声」に人を魅了する力が
なければ民衆は耳を傾けてはくれません。逆に、たとえ語られる事が空疎で中身のない絵空
事であったとしても、その「声」によって人々の心を支配していく事ができるのが独裁者、
カリスマの恐ろしさです。

今の時代には中々いません。そのカリスマ性と魔性の「声」を持った「ロックスター」なる
者が。しかし、このお方は持っているんです、この2つを。そして、彼は自身が持つそのカ
リスマ性とスター性、そしてその「声」の魅力を完全に自覚しています。彼のセカンドアル
バムに「NEO FACIO」という作品があります。こいつはドイツ語で「ネオファッショ」新
しいファシズム(独裁主義)と言うんだそうです。こいつはぜひ一度聞いてみるべきです!
彼の全ての魅力が結集した最高傑作と言っていいでしょう。(私などとても及ばない巨大な
「妄想作」とも言えます。古来より独裁者、革命家なんてのは大体が、「世界」を統一でき
るなんて本気で信じてる「誇大妄想家」なんです。)

23567_1.jpg 

もちろん彼は独裁者になりたいわけではありません。このアルバムにおいて「語られる」曲
は、全てそのカリスマの危険な魅力と儚さ、滑稽さをテーマにしたものなんです。しかし彼
は、そいつを1つの足がかりにして、その危なっかしい領域にどこまで迫れるかという挑戦
をしているんです。その凄まじい気迫とエネルギーが、狂気なまでの情熱が、私の耳に伝わ
り心を震わせ快感となって身体を駆け巡るんです。

このアルバムに収録された想像を絶するような曲の数々を耳にした時、私はまだ中学生でし
た。それまで音楽なんてものにそれほど興味がなかった私が、一発でKOされてしまったん
です。それまで聞いたこの世にある音楽のすべてが、悪い言い方をするなら、「クズ」にし
か思えなくなるほど、このアルバムはぶっ飛んでいたんです。もう20年以上も前の話です。

それ以来私はこの方の「声」の魅力に取り憑かれてしまいました。彼の歌声に合わせて、彼
の曲のフレーズを口にするのが病みつきになってしまいました。彼とのジョイントを1人で
楽しんでいたんです。彼と音域を調和させていく事に、なによりも快感を感じておりました。
これは誰にでもある、強く憧れる者への同化願望なんです。

ちなみに私は、この思春期の時に彼の曲ばかり聞いていましたから、全くお恥ずかしい話、
マスターベーションというものを、なんと16歳になって初めて覚えたんです! それまで
私は彼の曲さえ聞いていれば満ち足りていましたから、そういう行為は必要なかったんです。
かっこ良く言えば硬派、かわいく言えば「ウブ」だったんでしょうけど、今考えるとかなり
恥ずかしい痛〜い話です(苦笑)。


img_111111

ただ後年になって語られた布袋さんのインタビューを聞くと、私としては思わず嬉しくなっ
てしまうんです。彼=布袋寅泰にとってこの氷室京介という人は、最高の「恋人」であると。
なにもこの2人が、そういった関係だったと言っている訳ではありません。あくまで音楽上
のパートナーという意味においてです。これはライブなんかで2人でジョイントしていると
その熱愛(笑)ぶりがよくわかります! 見てるこっちのほうが、思わず赤面してしまうほ
どのとても魅惑的なジョイントなんです。

布袋さんの心地よいカッティングリズムに乗って、艶やかなセクシーヴォイスが人々を熱狂
の渦に巻き込んでいくのが、生ライブをついに見る事ができなかった私にもよ〜くわかるん
です。彼の声は布袋さんのリズムよって創られ、布袋さんのリズムは彼の声によって変化し
ていくんです。正に最高の「恋人」 私にバイセクシャルな気が少しあるっていうのはそう
いう意味なんです(苦笑)。そして、彼の創りだす詩や歌は決して男くさい硬派なものでは
なく、正にバイセクシャルを助長するような艶かしいほどの曲ばかりなんです。

私がこのブログで取り上げるオカズ♡で、たま〜にちょっと奇麗すぎてオナできないような
ものがあります。それはおそらくこの思春期の時に私を魅了した、彼の創りだす独特の世界
の影響が残ってるんだと思います(バイセクシャルといのは中性的という意味です) しか
し、私はそういったものに全く♡♡♡な魅力を感じていない訳ではないんです。そういった
オナとは縁遠いようなモノにも焦点を当てて新たな光=オナポイント♡を見いだしてやらな
ければ、本当の意味での妄想好きとは言えないと思うからです。このブログにおいてそうい
ったモノを取り上げるのも、こんなオナ記事にもならないような話をあえてするのも、私自
身が、彼のアルバムのようにある種の挑戦をしているからんなです。
(なにが生まれるかはわかりませんけど)



だってせっかくブログをたちあげたんですよ〜。人と違った事やらないと面白くないじゃな
いですか〜?(彼は常に人とは違うことをやろうとしてました)少なくとも私がブログ立ち
上げてから、挨拶にまわったブロガーさん達って、みなさんそれぞれ、独特の個性をもって
るんです。わたしも最初は単純なオナ記事でいいかな?なんて思ってたんですが、彼らのブ
ログを見ている内に、それじゃあいけないっ!てだんだん思いはじめたんです! だから、
この1ヶ月半の間に書いた記事を改めて読み返してみると、私の文体はめまぐるしく変化し
ています。これは明らかに、素晴らしいアイデアと創意工夫に満ちた彼らの影響なんです。
たとえ私の創るモノが卑猥なブログであったしても、私は自分自身のこの変化を快く思って
おります。

もちろん、斬新なアイデアなんてそう簡単に浮かぶもんじゃありませんが、う〜ん次どうし
よっかな〜なんて少ない脳みそフル回転させて必死こいて考えていることが大事なんだと思
います。たとえそれを生かすことができなくっても、悩んでる過程でこぼれ落ちていく思わ
ぬ「副産物」なんてのがあるでしょう? それこそ本物の「宝」なんですよ。

私は氷室さんの昔からのファンでした。しかしこのブログをやらなければ、彼についてまと
まった記録を取ろうなんて思いもしなかったでしょう。最大の魅力が、その「声」にあるな
んて、結局頭の中でぼんやりと思っているだけで、ちゃんと整理して考えることもしなかっ
たでしょう。この記事自体私の独り言として片隅に追いやっておくつもりだったんですから。

しかし、「声」の魅力って奴を突き詰めていって、フェティッシュって言葉につなっがてこ
の記事は完成したんです。私が20年以上愛した彼の作品への思いは、記事という形をとっ
て1つの実を結んだんです。

ですから、「こいつ何言ってんだ?」「オナブログでこんなもん出すなよ〜」
なんて言わないで下さい。

一見無関係に見えるものから、何らかのヒントが出てくることだってあるんですから。

私は「声」という新しいフェチを見つけたんです。

それが最近の記事に、私が好きな妄想台詞に、
そして女の子のエッチな「声(こいつにだけ聞こえる)」に新しい命を与えてくれるんです♡


最後に、
私はこの記事を出すか迷いました。
だってみなさんにとっては面白くもなんともない記事です。
しかし最近、彼は聴覚障害に悩んでいるらしく引退を匂わすような発言をしたそうです。

※ 彼は「氷室京介をやめる」そう言ったそうです。この言葉が表すように、「氷室京介」
   なる「スター」は存在しても、「氷室京介」という「人格」は存在しません。彼も1人
 の人間として、その「人格」を取り戻したかったのかもしれません。我々には、決して
 わからない孤独=苦悩です。


もし彼が引退するとなれば、私にとって1つの時代が完全に終わりをつげるでしょう。
ならばこの記事を出さない訳にはいきません。
このブログとは何の関係もない記事であったとしてもです。
たとえ彼にこの記事に綴られた思いが伝わる事がなくってもです。

氷室京介様、1人のファンとして心からご回復を祈ります。



以上、フェティッシュシリーズ第6弾でした。

関連記事

Category : with Charisma
Posted by グラオナ最高 on  | 4 comments

-4 Comments

グラオナ最高 says..."Re: Re: Re: タイトルなし"
> こんばんは 以前、ウチのelogにコメントというか
> 挨拶いただいてましたが今回初めてコメントさせて
> いただきます。
> 僕は熱狂的な氷室ファンではありませんが
> 彼のブレない一貫したアーティスト性は好きで
> NEO FACIOの曲で個人的に好きな曲は
> 「CALLING」ですね
> 壮大で大陸的なイメージが拡がる音
> 今の時代にも響く歌詞、唯一無二のボーカル
> ・・・・とナニ語ってるんだw
>
> でも、おっしゃるように声の持つ魅力というのは
> 支配的ですよね
> 女子でもいくらカワイイ顔してても声に魅力が
> ないと半減してしまったり印象も変わってきます
> し
> 今回の氷室氏を絡めつつ記事に込められた
> グラオナ最高サンの考えに共感しました
> 「こいつ何言ってんだ?」
> 「オナブログでこんなもん出すなよ〜」
> なんて思いませんよw ジブンのelogも毎回
> そう思われてるんだろうなぁ?と思いつつ
> 更新してますんで

ありがとうございます。
まさかこのようなコメントを頂けるとは思いませんでした。
と〜っても嬉しいです!

それにしても「CALLING」がお好きですか〜!!
私もあの曲大好きなんです!!

アルバムの中のすべての曲を総括して、
もう1つ上の次元にいってしっまった、そんな感じの曲です。
いえいえ、私がそう思うんです。
カリスマって人を狂わせるとてつもない魅力がりますが、
彼らは、自分も壮大な世界と歴史のほんの1部もしくは1ページに過ぎないってことを
を理解していないところがあると思うんです。
あの曲は、そんな偉人達をもっと上から俯瞰して見てる感じがするんです。
アルバムの曲すべてを聞いて、どうしても溜ってしまう欲望なんかが
あの曲で何だか全部洗い流されていくような感じがしてボクは好きなんです。
           (すいません。またベラベラと余計なことを(苦笑))
私は普段オチャラケタ記事ばかり書いてますが、この方だけは特別でして。

かけて頂いたお言葉。とても勇気が出ます。
書いてよかったと、今、心からそう思いました!
ありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します。長々とすいませんでした(苦笑)
2014.08.07 16:47 | URL | #- [edit]
コキ太郎 says...""
こんばんは 以前、ウチのelogに
コメントというか
挨拶いただいてましたが今回初めて
コメントさせていただきます。

僕は熱狂的な氷室ファンではありませんが
彼のブレない一貫したアーティスト性は
好きで
NEO FACIOの曲で個人的に好きな曲は
「CALLING」ですね
壮大で大陸的なイメージが拡がる音
今の時代にも響く歌詞、唯一無二のボーカル
・・・・とナニ語ってるんだw

でも、おっしゃるように声の持つ魅力というのは
支配的ですよね
女子でもいくらカワイイ顔してても声に魅力が
ないと半減してしまったり印象も変わってきます

今回の氷室氏を絡めつつ記事に込められた
グラオナ最高サンの考えに共感しました
「こいつ何言ってんだ?」
「オナブログでこんなもん出すなよ〜」
なんて思いませんよw ジブンのelogも毎回
そう思われてるんだろうなぁ?と思いつつ
更新してますんで
2014.08.07 00:44 | URL | #/qX1gsKM [edit]
グラオナ最高 says..."Re: Re: タイトルなし"
> > 今日は開けてみてびっくりしちゃいました。
> >
> > でもグラオナ最高さんの熱く語られた記事を読むと解りますね!
> >
> > 氷室京介の地声、歌声、そしてライブパフォーマンスどれもがカリスマなんでしょうね!
> >
> > 解散から20年位?
> >
> > 未だに根強いファンが多いですからね!
> >
> > 私の好きな曲はBOOWYではマリオネット。
> >
> > ソロでは、魂よ抱いてくれ!
> > それとやっぱ、kiss meですかね!
> > いい歌っす(*^^*)
>
> コメントありがとうございます!!
>
> この記事は出すかどうか迷ったんですが、
> 読んで下さる方が1人でもいてくれるなら良いと思い、思い切って公開しました。
>
> 情けないことに引退って噂を今日知ったばかりで、急いで記事書いたんです。
>
> コメントまで頂けるとはホント嬉しいです(ホント感謝です)!
>
> マリオネット!! 私も大好きです!!
> (下手なくせにギターまで弾いてました)
> LAST GIGSに収録されたライブ音源なんか絶品です!!
> 魂を抱いてくれ kiss me 死ぬほど聞きました!!
> 今でも取り憑かれたように聞いてます(笑)!
2014.08.06 20:35 | URL | #- [edit]
ATARU says...""
今日は開けてみてびっくりしちゃいました。

でもグラオナ最高さんの熱く語られた記事を読むと解りますね!

氷室京介の地声、歌声、そしてライブパフォーマンスどれもがカリスマなんでしょうね!

解散から20年位?

未だに根強いファンが多いですからね!

私の好きな曲はBOOWYではマリオネット。

ソロでは、魂よ抱いてくれ!
それとやっぱ、kiss meですかね!
いい歌っす(*^^*)
2014.08.06 20:11 | URL | #nNvdwu3k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
041 No.6 with Charisma - グラオナの旅
FC2ブログ

グラオナの旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by グラオナ最高 on  | 

041 No.6 with Charisma

さて、みなさん!
画面を開いて驚かれた方が多いと思いますっ! 
なんだっ!管理人の奴ついに男にまで手えだしたのかっ!?なんて思われるかもしれません!

ご安心ください。
別にこの方でオナ記事を書こうって訳じゃありませんから。

今回はフェティッシュシリーズ第6弾。テーマは「声」フェチです。

以前の記事でも、私はこの「声」というものに特に魅力を感じると言いました。
ただ、私の場合、最も魅力を感じる方が、
女性ではなく「男性」であったということです。

カテゴリに並んだお嬢様の中のどなたかでも良かったんですが、
やはり突き詰めて考えていきますと、
どうしてもこのお方にブチ当たってしまうんです(苦笑)

ところでこの方、誰だかわかります?




私は別にモーホーではありません(苦笑)。男性でヌいたなんて経験はもちろんありません。
男性を見て反応してしまったなんてことはただの一度もありません。しかし若干、バイセク

シャルな気はあるのかもしれません。それがおそらくこのお方に由来すると思われます。

世代的なズレがあったりしてこの方を知らない人もいると思います。このお方は, 1980年
代を石巻きしたロックバンド元BOOWYのスーパーヴォーカリスト/ 氷室京介さんです。お
そらく私が生涯で最も尊敬するお方でしょう。ただ、この方を知ったのは確か,、80年代の
終わり、もう東京ドームでLAST GIGSを終えてしまってからです。私がこのバンドひいて
はこの方の音楽に熱狂していったのはその後のことです。

私は「声」というものに常に魅力を感じます。それは男性だろうと女性だろうと関係ないと
思います。私は彼の曲とその「声」に女性以上の魅力を感じるんです。おいおい!やっぱ怪
しい方向に話進んでいきそうだぞっ!なんて思われるかもしれません。それは確かにある意
味当たっているかもしれません。しかしそれは射精をしたいという欲求とは少し違います。
欲望そして快感というのは何も射精という1点に向かっているだけではないと思うんです。

私が言うこの快感とは「音」です。心地の良い「音」を聞くときに感ずる快感って奴です。
それも身体を突き抜けていくような、とてつもなく「速い音」です。

人間の骨ってパキポキ音を出すでしょう? 骨が鳴る仕組みっていうのは今だに解明されて
ないそうですが、あの音がどうして心地良く響くのか? それはですねェ、我々の身体の中
を駆け抜けていくような「音」だからだと思うんです。聞こえると同時に身体で感じる事が
できる「音」だからだと思うんです。我々人間にとって最も近くで聞こえる音、すなわち身
体に最も「速く」伝わる「音」であるからだと思うんです。我々人間は疾走感に酔いしれる
傾向があります。車で走っていてスピードを思わず出してしまうのも、リズムに乗った時の
疾走感が心地いいからです。その疾走感って奴が身体を突き抜けていくような何とも言えな
い心地よい感覚を、肌で味わう事ができるのがあの骨の鳴る音ではないかと私は思うんです。



音楽に、ライブに熱狂するっていうのはこれによ〜く似ていると思うんです。私もそうでし
た。それが耳をつんざくような爆音であろうと、それを一旦受け入れて身体を疾走していく
1つの「リズム」が体内で練り上げられた時、それは快感へと変わるんじゃないかと。たと
えそれが一時的なものであろうと、いえいえ、むしろ一時的であるからこそ、ゴールへと向
かうその集中力が極度に高まるのではないかと思います。
                 (ピリオドの向こう側へ、なんて言葉が流行りました)

もちろんそれは、誰にでもできる事ではありません。類いまれなるカリスマ性を持って人々
をアジテート(煽動)できる危険な魅力が必要なんです。ご存知でしょうか? 歴史上に存
在した独裁者と言われる偉人達はこのカリスマ性を有していたのはもちろん、人々を狂わせ
る魅力ある「声」の持ち主であったことを。

どんなに気の利いた言説で最もらしい演説を繰り返しても、その「声」に人を魅了する力が
なければ民衆は耳を傾けてはくれません。逆に、たとえ語られる事が空疎で中身のない絵空
事であったとしても、その「声」によって人々の心を支配していく事ができるのが独裁者、
カリスマの恐ろしさです。

今の時代には中々いません。そのカリスマ性と魔性の「声」を持った「ロックスター」なる
者が。しかし、このお方は持っているんです、この2つを。そして、彼は自身が持つそのカ
リスマ性とスター性、そしてその「声」の魅力を完全に自覚しています。彼のセカンドアル
バムに「NEO FACIO」という作品があります。こいつはドイツ語で「ネオファッショ」新
しいファシズム(独裁主義)と言うんだそうです。こいつはぜひ一度聞いてみるべきです!
彼の全ての魅力が結集した最高傑作と言っていいでしょう。(私などとても及ばない巨大な
「妄想作」とも言えます。古来より独裁者、革命家なんてのは大体が、「世界」を統一でき
るなんて本気で信じてる「誇大妄想家」なんです。)

23567_1.jpg 

もちろん彼は独裁者になりたいわけではありません。このアルバムにおいて「語られる」曲
は、全てそのカリスマの危険な魅力と儚さ、滑稽さをテーマにしたものなんです。しかし彼
は、そいつを1つの足がかりにして、その危なっかしい領域にどこまで迫れるかという挑戦
をしているんです。その凄まじい気迫とエネルギーが、狂気なまでの情熱が、私の耳に伝わ
り心を震わせ快感となって身体を駆け巡るんです。

このアルバムに収録された想像を絶するような曲の数々を耳にした時、私はまだ中学生でし
た。それまで音楽なんてものにそれほど興味がなかった私が、一発でKOされてしまったん
です。それまで聞いたこの世にある音楽のすべてが、悪い言い方をするなら、「クズ」にし
か思えなくなるほど、このアルバムはぶっ飛んでいたんです。もう20年以上も前の話です。

それ以来私はこの方の「声」の魅力に取り憑かれてしまいました。彼の歌声に合わせて、彼
の曲のフレーズを口にするのが病みつきになってしまいました。彼とのジョイントを1人で
楽しんでいたんです。彼と音域を調和させていく事に、なによりも快感を感じておりました。
これは誰にでもある、強く憧れる者への同化願望なんです。

ちなみに私は、この思春期の時に彼の曲ばかり聞いていましたから、全くお恥ずかしい話、
マスターベーションというものを、なんと16歳になって初めて覚えたんです! それまで
私は彼の曲さえ聞いていれば満ち足りていましたから、そういう行為は必要なかったんです。
かっこ良く言えば硬派、かわいく言えば「ウブ」だったんでしょうけど、今考えるとかなり
恥ずかしい痛〜い話です(苦笑)。


img_111111

ただ後年になって語られた布袋さんのインタビューを聞くと、私としては思わず嬉しくなっ
てしまうんです。彼=布袋寅泰にとってこの氷室京介という人は、最高の「恋人」であると。
なにもこの2人が、そういった関係だったと言っている訳ではありません。あくまで音楽上
のパートナーという意味においてです。これはライブなんかで2人でジョイントしていると
その熱愛(笑)ぶりがよくわかります! 見てるこっちのほうが、思わず赤面してしまうほ
どのとても魅惑的なジョイントなんです。

布袋さんの心地よいカッティングリズムに乗って、艶やかなセクシーヴォイスが人々を熱狂
の渦に巻き込んでいくのが、生ライブをついに見る事ができなかった私にもよ〜くわかるん
です。彼の声は布袋さんのリズムよって創られ、布袋さんのリズムは彼の声によって変化し
ていくんです。正に最高の「恋人」 私にバイセクシャルな気が少しあるっていうのはそう
いう意味なんです(苦笑)。そして、彼の創りだす詩や歌は決して男くさい硬派なものでは
なく、正にバイセクシャルを助長するような艶かしいほどの曲ばかりなんです。

私がこのブログで取り上げるオカズ♡で、たま〜にちょっと奇麗すぎてオナできないような
ものがあります。それはおそらくこの思春期の時に私を魅了した、彼の創りだす独特の世界
の影響が残ってるんだと思います(バイセクシャルといのは中性的という意味です) しか
し、私はそういったものに全く♡♡♡な魅力を感じていない訳ではないんです。そういった
オナとは縁遠いようなモノにも焦点を当てて新たな光=オナポイント♡を見いだしてやらな
ければ、本当の意味での妄想好きとは言えないと思うからです。このブログにおいてそうい
ったモノを取り上げるのも、こんなオナ記事にもならないような話をあえてするのも、私自
身が、彼のアルバムのようにある種の挑戦をしているからんなです。
(なにが生まれるかはわかりませんけど)



だってせっかくブログをたちあげたんですよ〜。人と違った事やらないと面白くないじゃな
いですか〜?(彼は常に人とは違うことをやろうとしてました)少なくとも私がブログ立ち
上げてから、挨拶にまわったブロガーさん達って、みなさんそれぞれ、独特の個性をもって
るんです。わたしも最初は単純なオナ記事でいいかな?なんて思ってたんですが、彼らのブ
ログを見ている内に、それじゃあいけないっ!てだんだん思いはじめたんです! だから、
この1ヶ月半の間に書いた記事を改めて読み返してみると、私の文体はめまぐるしく変化し
ています。これは明らかに、素晴らしいアイデアと創意工夫に満ちた彼らの影響なんです。
たとえ私の創るモノが卑猥なブログであったしても、私は自分自身のこの変化を快く思って
おります。

もちろん、斬新なアイデアなんてそう簡単に浮かぶもんじゃありませんが、う〜ん次どうし
よっかな〜なんて少ない脳みそフル回転させて必死こいて考えていることが大事なんだと思
います。たとえそれを生かすことができなくっても、悩んでる過程でこぼれ落ちていく思わ
ぬ「副産物」なんてのがあるでしょう? それこそ本物の「宝」なんですよ。

私は氷室さんの昔からのファンでした。しかしこのブログをやらなければ、彼についてまと
まった記録を取ろうなんて思いもしなかったでしょう。最大の魅力が、その「声」にあるな
んて、結局頭の中でぼんやりと思っているだけで、ちゃんと整理して考えることもしなかっ
たでしょう。この記事自体私の独り言として片隅に追いやっておくつもりだったんですから。

しかし、「声」の魅力って奴を突き詰めていって、フェティッシュって言葉につなっがてこ
の記事は完成したんです。私が20年以上愛した彼の作品への思いは、記事という形をとっ
て1つの実を結んだんです。

ですから、「こいつ何言ってんだ?」「オナブログでこんなもん出すなよ〜」
なんて言わないで下さい。

一見無関係に見えるものから、何らかのヒントが出てくることだってあるんですから。

私は「声」という新しいフェチを見つけたんです。

それが最近の記事に、私が好きな妄想台詞に、
そして女の子のエッチな「声(こいつにだけ聞こえる)」に新しい命を与えてくれるんです♡


最後に、
私はこの記事を出すか迷いました。
だってみなさんにとっては面白くもなんともない記事です。
しかし最近、彼は聴覚障害に悩んでいるらしく引退を匂わすような発言をしたそうです。

※ 彼は「氷室京介をやめる」そう言ったそうです。この言葉が表すように、「氷室京介」
   なる「スター」は存在しても、「氷室京介」という「人格」は存在しません。彼も1人
 の人間として、その「人格」を取り戻したかったのかもしれません。我々には、決して
 わからない孤独=苦悩です。


もし彼が引退するとなれば、私にとって1つの時代が完全に終わりをつげるでしょう。
ならばこの記事を出さない訳にはいきません。
このブログとは何の関係もない記事であったとしてもです。
たとえ彼にこの記事に綴られた思いが伝わる事がなくってもです。

氷室京介様、1人のファンとして心からご回復を祈ります。



以上、フェティッシュシリーズ第6弾でした。

関連記事

Category : with Charisma
Posted by グラオナ最高 on  | 4 comments

-4 Comments

グラオナ最高 says..."Re: Re: Re: タイトルなし"
> こんばんは 以前、ウチのelogにコメントというか
> 挨拶いただいてましたが今回初めてコメントさせて
> いただきます。
> 僕は熱狂的な氷室ファンではありませんが
> 彼のブレない一貫したアーティスト性は好きで
> NEO FACIOの曲で個人的に好きな曲は
> 「CALLING」ですね
> 壮大で大陸的なイメージが拡がる音
> 今の時代にも響く歌詞、唯一無二のボーカル
> ・・・・とナニ語ってるんだw
>
> でも、おっしゃるように声の持つ魅力というのは
> 支配的ですよね
> 女子でもいくらカワイイ顔してても声に魅力が
> ないと半減してしまったり印象も変わってきます
> し
> 今回の氷室氏を絡めつつ記事に込められた
> グラオナ最高サンの考えに共感しました
> 「こいつ何言ってんだ?」
> 「オナブログでこんなもん出すなよ〜」
> なんて思いませんよw ジブンのelogも毎回
> そう思われてるんだろうなぁ?と思いつつ
> 更新してますんで

ありがとうございます。
まさかこのようなコメントを頂けるとは思いませんでした。
と〜っても嬉しいです!

それにしても「CALLING」がお好きですか〜!!
私もあの曲大好きなんです!!

アルバムの中のすべての曲を総括して、
もう1つ上の次元にいってしっまった、そんな感じの曲です。
いえいえ、私がそう思うんです。
カリスマって人を狂わせるとてつもない魅力がりますが、
彼らは、自分も壮大な世界と歴史のほんの1部もしくは1ページに過ぎないってことを
を理解していないところがあると思うんです。
あの曲は、そんな偉人達をもっと上から俯瞰して見てる感じがするんです。
アルバムの曲すべてを聞いて、どうしても溜ってしまう欲望なんかが
あの曲で何だか全部洗い流されていくような感じがしてボクは好きなんです。
           (すいません。またベラベラと余計なことを(苦笑))
私は普段オチャラケタ記事ばかり書いてますが、この方だけは特別でして。

かけて頂いたお言葉。とても勇気が出ます。
書いてよかったと、今、心からそう思いました!
ありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します。長々とすいませんでした(苦笑)
2014.08.07 16:47 | URL | #- [edit]
コキ太郎 says...""
こんばんは 以前、ウチのelogに
コメントというか
挨拶いただいてましたが今回初めて
コメントさせていただきます。

僕は熱狂的な氷室ファンではありませんが
彼のブレない一貫したアーティスト性は
好きで
NEO FACIOの曲で個人的に好きな曲は
「CALLING」ですね
壮大で大陸的なイメージが拡がる音
今の時代にも響く歌詞、唯一無二のボーカル
・・・・とナニ語ってるんだw

でも、おっしゃるように声の持つ魅力というのは
支配的ですよね
女子でもいくらカワイイ顔してても声に魅力が
ないと半減してしまったり印象も変わってきます

今回の氷室氏を絡めつつ記事に込められた
グラオナ最高サンの考えに共感しました
「こいつ何言ってんだ?」
「オナブログでこんなもん出すなよ〜」
なんて思いませんよw ジブンのelogも毎回
そう思われてるんだろうなぁ?と思いつつ
更新してますんで
2014.08.07 00:44 | URL | #/qX1gsKM [edit]
グラオナ最高 says..."Re: Re: タイトルなし"
> > 今日は開けてみてびっくりしちゃいました。
> >
> > でもグラオナ最高さんの熱く語られた記事を読むと解りますね!
> >
> > 氷室京介の地声、歌声、そしてライブパフォーマンスどれもがカリスマなんでしょうね!
> >
> > 解散から20年位?
> >
> > 未だに根強いファンが多いですからね!
> >
> > 私の好きな曲はBOOWYではマリオネット。
> >
> > ソロでは、魂よ抱いてくれ!
> > それとやっぱ、kiss meですかね!
> > いい歌っす(*^^*)
>
> コメントありがとうございます!!
>
> この記事は出すかどうか迷ったんですが、
> 読んで下さる方が1人でもいてくれるなら良いと思い、思い切って公開しました。
>
> 情けないことに引退って噂を今日知ったばかりで、急いで記事書いたんです。
>
> コメントまで頂けるとはホント嬉しいです(ホント感謝です)!
>
> マリオネット!! 私も大好きです!!
> (下手なくせにギターまで弾いてました)
> LAST GIGSに収録されたライブ音源なんか絶品です!!
> 魂を抱いてくれ kiss me 死ぬほど聞きました!!
> 今でも取り憑かれたように聞いてます(笑)!
2014.08.06 20:35 | URL | #- [edit]
ATARU says...""
今日は開けてみてびっくりしちゃいました。

でもグラオナ最高さんの熱く語られた記事を読むと解りますね!

氷室京介の地声、歌声、そしてライブパフォーマンスどれもがカリスマなんでしょうね!

解散から20年位?

未だに根強いファンが多いですからね!

私の好きな曲はBOOWYではマリオネット。

ソロでは、魂よ抱いてくれ!
それとやっぱ、kiss meですかね!
いい歌っす(*^^*)
2014.08.06 20:11 | URL | #nNvdwu3k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
Century Gothic フォント 画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。